足を運んで自ら確認

現在はインターネットが普及している世の中になりました。
日本人の最低生活必需品の一つにもパソコンが数えられている、そんな時代です。
だからこそ賃貸の物件も、インターネットで探すということもあるでしょう。
しかしこれは不動産業界を知っている人であればしない行為であるということをご存知でしょうか。
インターネット上に掲載されている不動産の物件、つまりその不動産屋のホームページ上で紹介されている物件は残り物であるということです。
インターネットに掲載する前に、条件の良い物件というのはお得意さんに先に紹介されています。
もしくは店頭にその物件を並べただけで引越しの多いシーズンになるとすぐに借り手が見つかります。
インターネット上でももちろん掘り出し物はありますが、それを素人が発見するというのは至難の業です。
インターネットで不動産情報を確認するときにはその土地周辺での物件の相場、それを確認する程度にとどめておく方がよいでしょう。
やはり物件を選ぶときには足を使うことが必要になります。
その地域にある不動産屋を探してみて回るということがもっともよい物件に出会う確率が高くなるでしょう。
またその時の注意点としては、その不動産屋に希望の物件がなかったとしてものちのち希望の物件が出たときには連絡をしてくれるようお願いをしておくとよいでしょう。
それによって希望の物件が出たときには店頭に並べるよりも先に連絡をしてくれるなどの配慮を受けることができます。
これは不動産屋にとっても空き物件になる期間を少しでも短くすることができるというメリットがありますのでお互いのメリットとなるでしょう。
ただしその時にもポイントがあります。
足しげく通う、もしくはちょくちょく連絡をするということです。
本当に借りるのだという意思を相手の伝えることになります。
借りる確率の高い客、そう不動産屋に思わせることで不動産屋もしっかりとした物件を熱心に探してくれることになるでしょう。
特に子供がいる家庭にとっては簡単に次の物件に移動するということはできません。
単身であれば気に入らない賃貸であったときには別の賃貸に引越しをするということもそれほどの手間ではないでしょう。
しかし家族がいるとなればやはり難しいというのが現状です。
そのためにも物件探しに妥協は禁物です。
現在並んでいる物件ではなくても希望の物件が必ず出てくる、それはかなり確立の高いことになりますのでインターネットでの物件探しではなく、確実に自分の足を目で判断できるような探し方をしましょう。

Copyright (C)2017賃貸暮らしであるあるトラブル〜回避術も〜.All rights reserved.