退去時のトラブルを防ぐ

転勤が決まったら現在住んでいる場所が賃貸の場合には一刻も早く管理人や大家さんに連絡をしましょう。
不動産の契約書を確認してみると、退去に関しての項目が記されているはずです。
その中には退去1か月前には連絡すること、退去前3か月には連絡をすることなど期限が記されているものです。
急な転勤となってしまった場合には已むをえませんが、あらかじめわかっている場合には残りの家賃の支払いなどもありますので先に連絡をするようにしましょう。
この期限が定められているのには理由があります。
賃貸というのは生き物だとはよく言われています。
常に稼働していなければならないというものです。
そのため空きがあればその分家賃収入がなくなるものであり、その空きがないようにするために早めの報告が必要になります。
それによって不動産屋に早めにその物件情報を掲載することができますのでそのために期間が定められているものです。
物件の条件によっては、期限よりも遅い退去申告だった場合、家賃の1か月分が必要とされることもあります。
入居時の契約書はしっかりと確認をしておきましょう。
よくある退去トラブルとしてはキズや汚れです。
子供のいる家庭では特に、毎日の生活の中で賃貸であるマンションやアパートの壁や柱、備え付けのキッチンなどに傷や汚れをつけてしまうということはあるでしょう。
一般的にはそのような傷や汚れは、弁償する必要はありません。
そのうえで敷金は入居時に支払った分返金してもらうということになります。
その知識がないために、弁償という形で敷金が返金されなかったというトラブルは後を絶ちません。
賃貸が使用された場合、畳の交換や傷の修理、壁の張替えなど日常の生活をしていたうえでの劣化は家主が修理をすることになっています。
それは毎月の家賃の中に含まれていると考えてよいでしょう。
そもそも敷金というのは、家賃が支払われなかった時に充当するための預り金となります。
そのため契約書を見ると記載されているかと思いますが、「3か月家賃滞納の場合は強制退去」などとなっているはずです。
そしてその何か月かというのは敷金と同額になっているはずです。
トラブルを回避するためにも、そして敷金を返金してもらい、新しい賃貸の敷金に充てるためにもこのことは知っておいて損はないでしょう。
退去時に関するトラブルというのは非常に多くなっています。
トラブルがあり自己解決が困難な場合には消費生活センターなどに相談するというのも一つの解決の方法になります。

Copyright (C)2017賃貸暮らしであるあるトラブル〜回避術も〜.All rights reserved.